咲かせよう開運財布の花

人間は誰もが欲を持っています。 宝くじが当たりますように!有名大学に合格しますように!主人の給料が上がりますように!出費することが極力ありませんように!高収入の結婚相手が見つかりますように!などという願いは、多くの方がお持ちだと思います。 七夕の短冊の願い事などでは『ある朝、大金が玄関の前に置かれていますように』などというものを見たこともあります。 一時期、竹藪でお金を探している人もたくさんいましたよね。 一攫千金がありますようにとか、運気があがりますように、と願うこと、つまり福を呼び込むの気持ちは誰でも持ち合わせていると言っていいと思います。

しかし、福を呼び込む具体的な方法は?というと大半の人が手さぐりだと思います。 もちろん、絶対に開運するという方法などないと言えますから、手探りが正解だとも言えます。 そんな手さぐりの中でも、福を呼び込むとされる財布などの開運アイテムに人気が集まっています。 特に開運財布は「開運財布を持てば、招福するんだ!」というよりも、あくまで使いやすい普通の財布ですから、金運が中心の商品だと言っていいのではないでしょうか。

しかし、開運財布を手に入れても、散財の日々を積み重ねれば、その効果は全くないと言っていいですよね。 それでは運気を上げるアイテムの意味がありません。 他力本願な上に、運気を上げるアイテム頼みでは、神様も運気を上げる気にはならないのではないでしょうか。 開運財布を持ったことで、これから運気を上げていただく人間として相応しいような生活を始めれば、神様も「なかなか良い心がけだ。 高額ではなくとも、多少の額の宝くじでも当選させてあげよう」と考えるのではないでしょうか。

そして、その結果に対する対応を見て、さらに神様は次を考えてくださるかもしれません。 そういう考え方も、開運財布を持つ一つの意味だと思いませんか?開運財布をいうアイテムに出会ったことで、自分自身が福を呼び込むように努力出来るようになっていくということはとても素晴らしいことです。 その素晴らしい行為が、予想もしていなかったハッピーエンド劇を巻き起こすという話も世の中にはたくさん転がっています。

しかし、世の中には、せっかく高いお金を出して買ったんだから、努力なんてしたくない!という方もいるのかもしれません。 それでは、その高いお金が台無しになってもいいのでしょうか?せっかくの投資を無駄にしない為にも、運気アップの努力はすべきなのです。 つまり、福を呼び込むグッズの購入は、運気アップのきっかけなのです。 これは結婚とよく似ていて、結婚したから幸せになれるという、今では誰もそんな常識を持っていないことと同じ話だとも言えるのです。

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る