茶色の財布で運気が変わる?風水6つの理由

「もっとお金があったらな~」と思うことは、少なからず誰にでもあることだと思います。特に、将来が見えにくい現代で、お金不足感によるストレスには貯蓄がポイントになります。多少なりとも貯金があるだけで、精神的な不安は随分軽減されるはず…というわけで、今回は貯蓄に効果抜群の色、こげ茶・茶色の財布のお話です。

○茶色はあらゆるものを育てる土の象徴

土の象徴である茶色は、さまざまなものを育てるパワーに溢れています。茶色は金運、仕事運、健康運、恋愛運などあらゆる運気を育ててくれる色ですので、運気をアップしたい人は必ず押さえておきたい色です。

特に、「土生金」(土の気のあるものは金を生みだす)という言葉があるように、金運アップを目指す人にとって大事にしたい色。茶色の財布は、中に入っているお金を育ててくれるので、貯蓄したい人にはぴったりのアイテムです。

○安定感のある茶色で安心

茶色というと、どこか地味に感じてしまうかもしれません。それは、安定感溢れる色だからかもしれません。茶色は植物が根を張るどっしりした大地を表す色で、安定感のある色です。大地の豊かさとあらゆるものを受け入れる母性を象徴する色で、茶色の財布を持つ人は派手さはないものの堅実で貯蓄上手です。安定した収入にもつながりますので、不規則な収入で不安を感じていた人は安心感を得ることができるでしょう。

○苦しい借金生活を打開するには茶色が吉

借金を返し終わらず苦しんでいるのなら、茶色の財布がベストです。火の気を持つ借金生活を、茶色が持つ土の気でコントロールしてくれます。茶色の財布は、土の季節といわれる9月に買うことでより効果がアップします。

○浪費癖を治してくれる茶色

これまで衝動買いや、つい必要のないものまで買ってしまう消費癖に悩んでいた人には、「ためる」パワーに溢れる茶色の財布がおすすめです。茶色の財布は風水によるとお金が出るのを防いでくれる効果があるので、自然と購買意欲も下がりお金が貯まるようになるでしょう。

○茶色にプラスする色で効果が変わる

明るいものから暗いものまでさまざまな色がある茶色は、本来の茶色にどのような色が混じっているかで効果が変わる色です。茶色に黄色が加わった黄土色には、黄色が持つ金運を呼び込む力と茶色のためる力が作用します。収入をより増やしたい人は明るい茶色、貯蓄を殖やしたい人は茶色に黒がプラスされたこげ茶がベストです。

○茶色い財布はお金にとっても居心地が良い

たくさんの色がある中で、茶色は落ち着きがある色です。財布はお金の家といえる存在。家が落ち着きのある居心地のいい空間であれば、家から出たくないと思うのは当然のこと。自然とお金が留まる財布になるでしょう。

風水で金運を運ぶといわれる「黄色」や「金色」は、派手すぎて苦手という方にうってつけの金運アップカラーが茶色。派手なものが苦手なあなたは、貯蓄で手堅くお金をキープできる茶色がピッタリです。ぜひ、茶色い財布を運気アップに取り入れてみてくださいね。

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る