貯め下手さんには棚卸がおススメ

開運財布を買う前であっても、買ってからであっても、貯め下手さんのお財布の動きは極端に変化するわけではありません。

勿論、開運財布には、色々な力がありますが、少し努力を惜しむと、その力の発揮が弱かったり遅かったりする場合もあるので、自分が貯め下手だなと思ったら、少し改善の努力をしてみましょう。

ここに実際に存在する貯めベタさんの例を挙げます。

どこにでもいる貯めベタさん

31歳のA子さんは、2歳の子供と38歳のご主人との三人暮らしです。 一年前に新築の家をローンで購入。 その際の頭金はほとんどなし。 家具などは、ボーナス払いでなんとか買ったという状況でした。 貯金はほとんどなし、しかも、もう一台車が必要だと、車とマイホームのダブルローン中。 そんな彼女が、まったく貯金が出来ない生活に不安を抱いて、開運財布の購入を計画しています。

勿論、開運効果により、大金でも舞い込めば問題はすべて解決しますが、ご主人は会社員ですから臨時収入はまずありません。 そんなA子さんのある一日。

早朝出勤のご主人を見送った後、至福の二度寝タイムそして、子供といっしょにおやつタイムで頭を覚醒させます。 昼ごはんまでテレビを見ていると、かわいいパジャマの特集が。 それに感化されて、特に必要がないのにパジャマを買いに行きます。 家族3人分です。

お昼は、冷凍食品のお惣菜とごはん。 そこに野菜はありません。 A子さんは料理が嫌いなのです。 そして、食後は庭の草むしり、をしようと思ったら2歳児用の軍手が欲しくなり、再びお買い物結局、草むしりはせずにおやつとお昼寝タイムに。 すぐに夕方になってしまいますから、夕食準備ここでも、野菜の少ない食事になりますご主人が帰宅、入浴、食事とここまでは普通ですがその後トイレからなかなか出てきません野菜不足の食生活なので、家族全員がが極度の便秘で薬を常用しているのですしかも、A子さんは結婚後なんと20キロも太ってしまい家の中にはバランスボールやフラフープなどのダイエット用品が散乱しているのです以上、A子さんの一日でしたが、完全に生活が貯金と縁遠いものになっていますよね。 おそらく食生活からも節約が見込めると思いますそれだけではなく、お休みの日には、家族で出かけることが趣味なA子さん一家はちょっとした椅子や、テーブルなども、すぐに買ってしまいますこれでは、例え開運財布を買っても、同じ生活を続けていたら、効果はなかなか出てきません。 こういう貯め下手さんの解決策の一つが、棚卸です。

棚卸というと、会社やお店がやることですが、家庭で実施すると、驚くことが多いのです。 家庭でやる場合には、使っていないものと使っているものに分け、使っていないものの購入金額を計算するのです。 A子さんのような貯め下手さんの場合は、使っていないものの合計金額がとても多いので自身が驚いて、改善されることも多いのです。 自分が貯め下手だと思ったら、開運の為に棚卸をしてみませんか?

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る