鶴はなぜ縁起の良い象徴なの?

日本を始めとして世界には色々な縁起物が存在しており、それを身につけることによって金運などの幸運が上昇すると考えられています。そんな縁起物には特に動物が起用されることが多く、日本にもいくつかの動物が縁起物として利用されているのですが、その中のひとつとして知られているのが鶴です。

鶴は特に亀とセットで縁起がいいということで知られており「鶴は千年、亀は万年」などといわれておめでたいものを指す動物のひとつとなっています。では何故鶴がおめでたい動物なのかというと、古来より長寿を象徴する吉祥の鳥として知られていることから長寿の象徴とされていることが多く、特に人に関連するおめでたい祭事に関してはその人が長生きできるようにという願いをこめて利用されることが多いようです。それ以外にも夫婦仲が大変よくてつがいになったら一生を連れ添うといわれているその姿から夫婦ヅルなどとも呼ばれています。このようなことから夫婦の仲が円満に続くようにという願いをこめて結婚式などの夫婦に関連するおめでたい席で利用されることが多いです。

このような由来からおめでたい動物として認識されており、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことからは「天に届く=天上界に通ずる鳥」ということでおめでたい鳥であるとも言われています。このように色々なおめでたい由来を持っているので色々な祭事の道具などにも描かれていることが多く、ほかにも願いを天まで届けてくれるということから千羽鶴という形でも利用されています。ほかにも、海運アイテムということで色々な商品に縁起物として描かれていることが多いのですが、その中でもオススメされているのが財布です。

ツルは特に金運との関連性はないように思われますが、財布のように常に身につけておくような小物に描いてもらうことによって金運だけではなく関連した運勢を上昇させることができるとされています。そのため金運はあがるかどうかというところは不明ですが、長寿や夫婦仲の円満さなどの開運を求めている場合にはオススメできます。また、長寿というところには健康面の意味合いもこめられているので無病息災のご利益を期待することもできるというメリットがあるため、そのような開運を求めている人にもオススメできます。贈り物としても利用しやすく、特に両親や祖父母などの身近な人に贈るものとしては非常に喜ばれやすい商品であるというところがメリットになっています。

 

⇒ 体験談一覧へ戻る