金色の財布で運気が変わる?風水4つの理由

風水による金運アップに関する情報を、様々なところで見かけますね。取り入れている方もいるのではないでしょうか。

昨今の社会経済を見てみると聞こえはよい対策をしていますが、市民の実感は今一つのようです。2014年7月厚生労働省がまとめた「国民生活基礎調査」では、低所得者層の割合は全体の約16%にあたるとしています。また、同調査では約60%の人が「生活が苦しい」と回答しており、早急な改善が期待されています。そこで、ご紹介したいのが風水では金運アイテムとして知られる財布の色に関するお話です。

○金色はマネーの象徴

お金を象徴する色といえば、金色。文字に「金」という字が入っているほどで、お金そのものと密接な関係にある色です。お金はもともと寂しがり屋なので、「類は友を呼ぶ」というように仲間がいるところに集まり、長くそこにいようとします。よって、金色の財布は風水でお金を呼び寄せる金運アップに欠かせないアイテムなのです。

○金色は金運最強の色

金色は金運パワー最強の色です。もともと金色のもつパワーは強烈で、何事にも影響が大きな色です。特に金運においてはその効果は絶大で、金運アップに即効性をもとめるなら金色を選べば間違いありません。ただし、パワーがありすぎてたくさん取り入れすぎると、浪費癖がついてしまうこともあるので、財布というワンアイテムで取り入れるのがおすすめです。

○金色はチャレンジを強力にサポートしてくれる

金色は「新しいことへのチャレンジ」を強力にサポートしてくれる色です。チャレンジというとハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、新たに家計簿にチャレンジするのでも、衝動買いをしないことにチャレンジするのでも良いのです。金色は、チャレンジする気持ちだけでなく、その先の成功までしっかりサポートしてくれる色なので、金色の財布を買ったら、何かお金にまつわることにチャレンジするのがおすすめです。

○金色は成功の象徴でもある

金色は「才能」や「成功」の象徴でもあります。スポーツで優勝者には、金色のメダルを渡すのも関係があるのかもしれません。金色は才能を開花させるパワーが強いので、金色の財布をもったらひらめきを大切にしてみてください。もしかしたら、あなたに眠っている財テクの才能が目覚めるかもしれませんよ。ただし、つまずくと高い理想が仇になり散財につながるので、運気の下降を感じたらすぐに手放すなどの対処をしてください。

とにかくパワフルな力を持つ金色は、使いすぎがタブーとされています。あまりにも効果が強すぎて使いすぎると周囲への印象を悪くし、副作用も協力なのだとか。そこで、金色を活かした金運アップには、あれもこれも金色にするのではなく、ワンポイントやワンアイテムとして取り入れるのがおすすめです。ベストは一点豪華主義で取り入れること。そのため、金色の財布は豪華なものがおすすめになります。

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る