お金を呼ぶ三つのキーワード

時は金なりという言葉がありますが、実は、お金というものは、時だけではなく、人に密接に関係してくるということをご存知でしょうか?例えば、毎月収入額が決まっているサラリーマンの方でも、その給料つまり、企業の先にはたくさんのお客様がいらっしゃいます。 たくさんのお客様が少しずつお金を払ってくださるからこそ、その一部が給料をとして入ってくるわけですから、人がいなければ、そのサイクルも成り立たないと言っていいのです。 商業の人は尚のことわかりやすく、お客様の数だけ、お金が自分のところにやってきます。

これは実際にあった話なのですが、あるところに、300人が働く工場がありました。 そこで働く不届きな若者がこう言っていたそうです。 「僕の夢は、この工場に出勤してきて、300人全員から毎日百円をもらうことです」なんて怠惰な話だ、とも思えますが、よく考えたら、不可能ではないかもしれない話でもあるのです。 例えば、その若者が300人全員(自分を抜くと299人ですが)にとても好かれていたとしたら、一日百円もらうことなど、とても容易なことではないでしょうか?休憩の時、誰かの分の缶コーヒーも買ってあげる、なんてことはどこの世界でも日常茶飯事ですよね。 それが百円硬貨一枚に置き換わるだけの話です。

一日百円、つまり合計すると30000円もの金額を若者が集められないこともないのです。 時も金、ですが、人もやはり金なのです。 だから、例えば、開運財布などをを手にした時に、人は金なり、というイメージを持つのもいいかもしれません。 一日、百円を100人の人からいただくイメージで、生活していると、本当にそれが実現するかもしれません。 百円という現金じゃなくても、相応の品物、サービスでもいいと思います。 それらが自分のところにやってくるんだ!とイメージすることは、たいへん良いことなのです。

開運財布を購入したら心がけたいこと

しかし、ここで大きな問題があります。 いくらイメージだけしていても、実際に多くの人に好かれなければ、そのイメージは実現しません。

勿論、自分がお金や物が欲しいから作った人間関係など長くは続きませんから、相手が喜ぶ人間であることも大切なことなのです。 そうすることで、互いに感謝が生まれてきます。 その感謝こそが、お金に一番近いものなのです。 良い商品に感謝するからお金を払う、それが、良い商品を買うということです。

金銭的に成功している方のほとんどが、この感謝というキーワードをとても大切にしています。 お金が欲しいなら、まず感謝から始めなさい、という内容の本もたくさんあります。 時は金なり、人は金なり、感謝は金なり。 福を呼び込みたい人間が忘れてはいけない三つのキーワードなのです。

 

⇒ 使い方で差をつける!お金が貯まる財布

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る