きっかけは友達の開運から

社会人になってから、一生懸命働いているのにぜんぜん貯蓄が増えない時期がありました。それは、いきなり家電が次々に壊れたり、ケガをしたりなどで思わぬ出費が続いたからなんです。

普段の生活もぜいたくをしていたわけではなく、どちらかといえば節約をしていたのに、どんどんお金が出ていくのでほとほと嫌になっていました。

そんなときに、仲の良い友人が旅行に行くことになったんです。同じように働いているのに、この差はなんだろうと自分でもかなり落ち込んでしまいました。

そんなわたしを見かねたのか、友人がこっそりと秘密を教えてくれたんです。それが「開運財布」でした。

最初は「財布をかえたくらいで、変わるものか」と全く信じていなかったんですが、友人がだまされたと思って購入してみろと強く勧めてきました。

でも「開運財布」って「いかにも!」という真っ黄色の派手なイメージがあったので、ちょっと自分でそれを普段から使うのは抵抗があると伝えると、友人がその「開運財布」を見せてくれました。それは予想外に落ち着いた黄色で、どちらかというと落ち着いたベージュに近い黄色だったんです。唯一派手なものといえば、ゴールドのチャームくらいでした。

友人は少し浪費家なところがあったのですが、その「開運財布」に変えてからはあまり散財をしなくなったそうです。自分で心がけたわけではなくて、なんとなく使うのが惜しくなったそうです。それと同時に臨時収入もたまたま入ってきて、今度は「貯める楽しさ」に目覚めたそうです。

「開運財布」に変えて、貯める傾向が強くなり、今まで見たこともないような金額が通帳に載るようになって、今回自分へのご褒美にちょっとした旅行を計画したそうです。

その話を聞いて、わたしもせめて臨時の出費がなくなるようにと願いを込めて、同じ「開運財布」を購入しました。それほど高価でもなかったし、目の前の友人の実例があったので、その「開運財布」については胡散臭さはあまり感じませんでした。

購入後、あの不思議なくらい続いた出費が減っていきました。家電などは買い替え時期のサイクルが重なっただけかもしれませんが、それでもたしかにわたしとしては「開運財布」のパワーを実感しました。

 

⇒ 体験談一覧へ戻る