使い方で差をつける!お金が貯まる財布

お金がたまる財布には色や形があると言われています。

秋におろす財布は良くないとか、財布の中に蛇の抜け殻を入れておくとお金がたまるとか、黄色い財布は風水的に良いとか、様々な言い伝えなどがあります。

しかし、これらはすべて縁起であり、世の中の人が同じ条件であったとしてもお金の貯まり方は千差万別であり、大きな差があります。 お金がたまる財布というよりも、お金がたまる人の財布と言った方が良いのかもしれません。 どのような財布を持ってもお金がたまる人はたまり、たまらない人はたまりません。

実は、お金をためるにはお金の正しい管理が必要です。

お金をためる要素は、収入を増やすことや無駄な出費を減らすことがあり、自己資金の管理が正しくされていることが重要となります。 財布は所持金を管理するツールとなるのですから、管理しやすい財布を持つことが良いのです。 現在、多くの人がクレジットカードやポイントカードを持ち、そこにお札と小銭、レシートや領収証などが入っています。 カード入れがあり、お札入れとレシートおよび領収証は別々になるような機能を備えた財布を選ぶことが良いです。 男性であれば、長財布でお札を折らずに入る財布でカード入れがついていると良いでしょう。 小銭は札類と別に単独で持ち、小銭とお札は別にすることが良いです。

女性の場合、大きめでお札やレシート類、カード類が楽に入るもので、大きめのファスナーで中が良く見える財布が好ましいです。 小銭入れは別に持つのも良いですが、同じ財布にお札と小銭を入れるには、小銭入れスペースが独立して十分なサイズであることが重要です。 小銭入れには小銭以外は入れず、領収証やクーポン類、クレジットカードやポイントカード、診察券や身分証明類など仕分けがしっかりとできる財布を選びましょう。 色や形はそれほど問題ではなく、好みのものを選ぶと良いですが、耐久性などを考えて革製品が良いでしょう。

少し質の良い高価なものが良いとされますが、自身の身の丈に合った価格のものを選びましょう。 ブランドの高級な財布を持つと、財布を周囲の日世に見せたいあまり、お金を使い過ぎる人もいます。 逆に頑張ってお金をためて買った高価な財布を長年大事に利用する人もおり、高くても長期で使えば非常にお得となります。 お金をためるために必要なことは、しっかりとしたお金の管理ができるということで、収入が少ないと思えば無駄な出費を避けて、必要なものを必要に応じて購入し長く使うことです。 お金は使えば減るのが当たり前です。

しかし、すべての人はそのお金を使うために働き、お金を使って生命や生活の維持をしているのです。 お金をためるためには、どのようなお金の使い方をしているかをいつも認識し、正しい自己資金管理ができていなければいけません。 そのためにも、しっかりと仕分けができて、使いやすい財布を持ちましょう。 きれいに整理整頓された財布は、入出金管理もしやすく、無駄使いを少なくします。

財布の中を見ると、お札はバラバラ、小銭とお札は混同し、レシートやポイントカードを同じスペースに入れて全く整理がされていなければ、どれだけ使ってどれだけ減るかが把握できません。 お札の種別が明確にわかるように同じ方向に並び、仕分けがされている財布を持つことで正しいお金に対しての認識や知識が備わるのです。

住まいが整理整頓されておらず、収納の中は何が入っているのか引っ掻き回さなければ分からないというお宅で、同じものを何回も購入するという無駄使いを繰り返す例があります。 例えて言うなら、ホッチキスの針をどこに置いたかわからないお家で、探すのが面倒で購入してしまうなどのことがあります。 文具は文具、貴重品は貴重品というようにわかりやす個別収納をすれば、無駄なものは部屋から減らせ、管理がしやすくなります。 財布の場合も同じことが言え、使いやすくカスタマイズされた財布をしっかりと使いこなせば必ずお金はたまります。

よく、お金にがたまる人はお金を大切に扱うと言われますが、確かにそれは正しいです。 お金をためる人は、使い分けがしやすいデザインの財布を選んで買っています。 資金管理が上手な人が、財布売り場をで購入する財布を選んでいる光景で、現在の財布とのサイズとの比較、ファスナーの大きさの確認、カードスペースや仕切りの数など様々な観点で入念に選んでいる姿を目にしたことはないでしょうか? そこに、色や外観デザイン、ブランド、素材などの好みをとり入れるのです。 有名デザイナーズブランドの高級財布であることに目をとられ、使いやすさから目を反らしてはいけません。 既にお金がたまってしまっている人であれば、ブランドの高額財布も良いでしょうが、これからお金をためようと思うのであれば、使いやすさを重視して、状況や必要性に応じて財布を買い替えることが良いでしょう。 財布の中身が明確であれば、買い物での予算を立てることも可能で、消費への意識を正しく持つこともできます。

 

⇒ 風水開運財布ガイド HOMEへ戻る