財布は使い始めがよければ、運気も上がる!

日本には、「始めよければ終わりよし」ということわざがあります。これは、毎日お金を入れて持ち歩く財布にもいえる事。財布は使い始めを間違わなければ、運気が上がる開運アイテムとなることができるといわれています。

財布はお金を入れるものですから、「お金の住まい」とも言われています。そのため、特に期待したいのは金運アップですね。外ではしっかり働き、私生活では節約に励んでいるのにお金が貯まらないとお悩みの方は、ぜひお読みください。

運気がアップする財布の買い方

開運サイトですすめられている通りに使い始めたのに、運気が全くアップしない。それどころか運気が下がったように感じる…という場合、お手持ちの財布自体に原因がある可能性があります。

避けたほうがよい財布

一口に財布といっても、色や形、デザインなどさまざまです。お値段やブランドなども気になりますね。まずは、開運という点から考えると、これは避けた方が良いという財布をお教えします。

財布はお金の住まいです。お金はみすぼらしい家を好みません。よって、ワンコインショップで取り扱っているような財布はおすすめできません。有名書籍には、「財布の値段×200がその人の年収」としているものもあるようです。ワンコインショップの財布の200倍では、収入もたかが知れてしまいます。だからといって、ブランド物の財布でないと効果がないということはありませんので、安心してくださいね。

財布が中古で売られているのを見かけることもありますが、中古財布は危険です。前の持ち主の運気を吸い取っていますので、前の持ち主が浪費癖や借金癖があればそれを受け継いでしまいます。宝くじに当たったなど強い運気を持っている財布は、それほど多くありません。仮に、強い運気を持った財布だったとしても、財布には寿命がありますので購入後、使用できる期間は短いとお考えください。

お金を折ってしまう二つ折り財布は、現状維持ならできるかもしれませんが、開運には向きません。お札が二つに折られることで窮屈になり、パワーを閉じ込めてしまうでしょう。

色にもこだわって

新しい財布の購入では、ぜひ、色にもこだわってみてください。

財布の色に関しては、風水の思想がよく紹介されています。黄色やゴールドが良く、青や赤は避けたほうがよいとしているものを多く見かけます。

しかし、風水におけるラッキーカラーが毎年変わることから、色を一概に良い・悪いで分けることはできないように思います。例えば、金運アップに良いとされる黄色い財布は、お金が入ってくる反面、出ていくことも多いといわれています。避けるべきとされる青は、支出に冷静な判断をもたらし、賢くお金を守ってくれる色です。

このことから、どんな色でもあなたがピンとくる色を選べばよいと思います。あなたがピンときた色は、その時のあなたが心の奥底で欲している色だと思うからです。

でも、色で迷ったら?もし、色で迷うことがあればなりたい自分を思い描いてみてください。良好な人間関係を望むならばピンクがおすすめです。これまでの自分から心機一転、新たな気持ちで頑張りたいならば白がおすすめです。黒は、自分の意志を貫く強い決意をサポートしてくれます。色にはそれぞれ意味がありますので、あなたの望みを後押ししてくれるような色を選ぶとよいでしょう。

購入の仕方

財布で開運を目指すには「いつ」「どこで」「どんな」財布を購入するかもポイントです。「どんな」については上で触れましたので、ここでは「いつ」「どこで」について書きたいと思います。

財布の購入にあたって、実は最適時間というものがあります。一日の時間の中に「金」の木を帯びるといわれる時間があります。それが17時から23時。仕事帰りや閉店間際に駆け込むのが良いと覚えておきましょう。

購入時期は、春に買った財布が「張る」と掛けて、「お金がたくさん入ってパンパンに張った財布(張る財布)」といわれ、金運をもたらすといわれています。日にちは、吉日がおすすめです。詳しくは後で触れたいと思います。

「どこで」購入するかは、吉方位を参考にしてみましょう。その人の生年月日や、年・月によって吉方位が異なりますので、事前調べておくことが必要ですね。調べるのが面倒という方は、北には蓄財運が南には金運改善のパワーがあると覚えておいてください。

購入前に計画を立てておくのがおすすめ

財布に運気を注入するには、購入日と使い始める日は吉日を選びましょう。財布の新調を考えたらカレンダーを見てください。新調した財布をもって出掛けたい日がありましたら、その日から逆算して購入日を決めるとよいでしょう。

財布の購入を避けたい時

開運のためには購入をやめたほうが良い時があります。吉日は意外と多く全て頭に入れるのは容易ではありませんので、こちらの方を覚えたほうが簡単かもしれません。

土用を避ける

「土用」は五行に由来する雑節の一つです。ウナギを食べるとよいとされる「土用の丑(うし)の日」はみなさんご存じだと思います。

年に4回あり季節直前の18日間が「土用」にあたります。つまり、立春・立夏・立秋・立冬の前ですね。この期間は心も身体も変化しやすく、何かを決断したり始めたりするのは不向きです。

ボイドタイムを避ける

ボイドタイムは西洋占術に基づくもので、月のパワーが断たれる時間です。月が占術上の惑星と特定の角度を作らなくなってから、次の星座に移るまでの時間になります。およそ2日に1回ペースであり、その時間はまちまちです。ボイドタイムは自己と外部の関係が悪く、この時間帯にしたことは全て「無」になってしまうといわれていますので、購入した財布の運気を逃すことにつながりかねません。

財布を購入してから使い始めるまで

財布を購入したらすぐに使いたい気持ちをぐっと我慢して、寝かせましょう。そうすることで財布がもつ運気がさらに育ちます。

やり方は、購入した財布を人目に触れないようにします。この間は誰も手を触れないようにしてください。お財布の中には、向きをそろえたお札とお種銭を入れておきます。

財布はこの寝かせている間に入っているお金を覚え、その量を維持しようとするようになりますから、ちょっと多めと思う額を入れるのがおすすめです。中には、帯付きの100万円を入れるという方もいますが、財布の型崩れなど気にならないのでしたらやってみてもよいかもしれません。個人的には、お財布に100万円あったらうれしいですが、持ち歩くにはちょっと不安な額ですね。

お種銭はお金のもととなるお金です。お札ではなく5円玉などコインを入れておき、財布を処分するまでずっと入れておきましょう。万が一、使ってしまったらすぐに新しいものを入れるようにします。

財布を寝かせる期間は一週間~10日間程度。短すぎると運気がつきません。貯蓄運を持つといわれる北の方角の人目に触れないところに置いておくとよいでしょう。

財布購入と使い始めの吉日

財布を購入するとき、使い始めるときは吉日がおすすめです。特に金運との結びつきが強いといわれるのは「寅の日」。黄色のシマ模様で知られるトラは、金運をもたらすとされています。

その他、一粒の種を万倍に増やすといわれる「一粒万倍日」や、弁財天の遣いとされるヘビにちなんだ「巳の日」、結婚式でおなじみの一日を通して良いとされる「大安」などが注目です。天が全てを赦すとされる「天赦日」も人気があります。また、月のパワーを取り入れたいなら、新月や満月の日を選びましょう。